09.01.2022
Advertisers

米国DOOH広告最新トレンド!DOOH広告をはじめる理由とは

※Boundless株式会社は、米国に本社を構えるYahoo Inc.の日本法人です。

最近、当社Boundless(バウンドレス)へのお問合せが増えてきているDOOH広告(デジタル屋外広告)の海外プロモーション。
パンデミック時に打撃を受けた屋外広告全般ですが、今年には、パンデミック前の広告費レベルまで戻ると予想されています。
動画を含めたインパクトのあるクリエイティブ表現や時間帯配信などの柔軟性、他の広告フォーマットと掛け合わせたオムニチャネルプランニングなど、様々な点において評価が高まり、米国を中心にOOHからDOOH出稿へのシフトが見られます。

今回のブログでは、グローバルでDOOH業界最先端を走る当社のインサイトなどをご紹介いたします。

 

まず、DOOHとは何か

DOOHとは、Digital Out of Home(デジタル・アウト・オブ・ホーム)の略で、自宅以外の場所で接触するOOH(アウト・オブ・ホーム)のうちデジタルサイネージを活用したメディア全般を指します。

引用: DAC Solution Service デジタルマーケティング用語集

DOOH formats
バスの停留所、ショッピングモール、街中のビルボード、道路沿いのビルボード、ジム内、ドラッグストア内など、人々の生活動線の様々なシーンにDOOHスポットが存在します。(写真は主に米国の例)


 

DOOHの広告費がここ数年で着実に成長している

eMarketerの米国での調査が示すように、DOOH広告費(デジタル屋外広告費)は、前年比で増加傾向にあり、従来の屋外広告費は縮小しています。2025年には、OOH市場の40%以上をDOOHが占めると予測されています。

DOOH growth trend

 

では、なぜ広告主はこのようにシフトをしはじめているのでしょうか?

DOOHは、ブランド認知だけでなく、より低いファネルのKPIにも効果的であることが知られるようになってきました。当社の独自調査によると、91%の広告主はDOOHがアッパーファネルとローワーファネルの両方の指標を提供できると考えていると回答。
また、Nielsenによると、65%の視聴者がデジタルビルボード広告を見た後になんらかの行動を起こしていることを示しています(広告主・ブランドについて検索する、広告主・ブランドのウェブサイト、店舗、レストランへの訪問、SNSへの訪問または投稿といったアクション)。
さらに、Billboard Insiderによると、米国の広告代理店による2022年のOOH広告費は、2021年比で133%増加していることを示しており、OOHの広告費の大幅増加がみられます。

 

当社が考えるOOH広告全般の特徴とは?

  • OOHはミディアムリーチで、1対多数をターゲットとする
  • 広告を設置する場所によってターゲットを絞れる
  • 屋外の生活動線で、意識しなくても目に入る
  • 屋外広告ならではのユーザーリーチが実現できる(TVやモバイルデバイス以外でのリーチが可能)

 

それらの特徴に加えて、デジタル配信が可能なDOOHがもたらす利点とは?

  • データを活用してターゲットに合うロケーションを規模をもって提供
  • 動画を含めたインパクトのあるクリエイティブなストーリーテリングが可能
  • 時間帯配信や複数クリエイティブの配信など、柔軟性がある
  • オムニチャネルプランニング/リーチが可能

 

米国の広告主がDOOHに求めるものとは?

当社の独自調査によると、以下のようなインサイトが明らかになりました。

  • 広告をプランニングするためのシングルプラットフォームを求めている:93%
  • DOOHの独占在庫を保有するパートナーを求めている:88%
  • 消費者のデバイス疲労のため、DOOHを次なる投資先として認知している:90%

 

当社のソリューション

当社のグローバルDOOHソリューションは、このような市場トレンドやニーズに応え、広告効果の最大化を支援します。

Our advantages_DOOH

 

  • オムニチャネルのキャンペーンを単一のプラットフォームで管理し、デバイスを超えた総合的なブランド体験を構築することが可能
  • グローバルな規模、米国内のプログラマティックDOOHインベントリーの100%リーチ、プレミアムなパートナーシップにより、あらゆる場所の視聴者にリーチが可能
  • 独自のオプトインデータに基づく持続的なアイデンティティにより、より正確なDOOHのターゲティング、プランニング、レポーティングが可能
DOOH access


当社では、HivestackやMagniteなど主要DOOHプラットフォームとも連携し、米国内のプログラマティックDOOH在庫100%にリーチが可能です。ニューヨークのシンボル的観光名所であるタイムズスクエアのビルボードからスーパーマーケット内のスマートスクリーンまで、当社のSSPネットワークを通じてブランディングから購買までの幅広いファネルを網羅し、訴求力の高いクリエイティブをオーディエンスに提供します。


 

最後に

米国をはじめとする海外市場では、オンラインターゲットリーチの最大化やオムニチャネルでのパフォーマンス創出を目的に、モバイル広告など複数のチャネルと組み合わせたオムニチャネル配信や、天気やローケーションに合わせたレスポンシブなクリエイティブを使った配信など、多様なニーズに応えるソリューションとして展開が進んでいるようです。

DOOH広告を使った海外プロモーション、国内配信の詳細について、お気軽にお問合せください。


 

当社で実施いただいたグローバルブランドのクリエイティブ事例をこちらよりご覧いただけます。
(*LPの右上にて対象マーケットを選択いただけます。)
 

 


Boundless株式会社は、米国に本社を構えるYahoo Inc.の日本法人です。
Boundlessでは、ディスプレイ広告、ネイティブ広告、DOOH広告、CTV広告など様々なフォーマットに対応したDSP配信や、自社のメディアブランドを活用した記事広告やクリエイティブコンテンツなど多岐に渡るソリューションを提供しています。国内広告配信はもちろん、海外プロモーションまで、広告主様の課題やニーズにあったベストソリューションをご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

 

詳しくはこちら

Learn more

More insights

Advertisers

調査結果: ファネル全般を網羅し、あらゆるポイントで消費者の高い関心を引き出すDOOH広告

DOOH広告が、実店舗のショッピング体験や消費者の意識・行動に与える影響を調査しました。

Advertisers

独自調査: 2022年米国の消費者旅行トレンド

旅行産業に活気が戻りつつある米国の2022年消費者旅行動向をまとめました。

Advertisers

2021年のホリデーショッピングに関する意識調査

米国の消費者を対象に実施した年末商戦に関する意識調査の結果をまとめました。