05.23.2022
Advertisers

独自調査: 2022年米国の消費者旅行トレンド

※Boundless株式会社は、米国に本社を構えるYahoo Inc.の日本法人です。


 

世界各地で渡航規制緩和が広がり、ようやく旅行需要の回復がみえてきました。訪日外国人観光客の受け入れも、いよいよ来月より段階的に再開されると言われており、今回は『Travel』をテーマにしたコンテンツをご紹介させていただきます。夏期休暇〜年末年始の旅行ハイシーズンに向けた広告キャンペーンに、是非ご参考いただければ幸いです。

 

世界30の国と地域でビジネスを展開する当社では、1st Party Dataの情報を元に、2022年の消費者旅行動向をまとめました。

traveling trend in the US

 Longwoods Internationalによると、2022年4月時点で、92%の米国の旅行者が、今後6ヶ月間に旅行を予定していると回答。夏期休暇をメインに、旅行の回復が想定されます。
 

 

Booking Insight

当社が提供するSearchおよびMailサービスの利用データ(1st Party Data)によると、ホテルや航空券の予約件数や検索件数が大幅に増加傾向にあり、米国の消費者の旅行への関心度やそれに伴うアクションは高まっていることがわかります。
 

 

Travel_Consumer_Journey

当社のSearchおよびMailサービスの利用データ(1st Party Data)によると、消費者は旅行日の約半年前から航空券の検索や購入を開始し、旅行に関する購買行動は旅行日直前まで続くことが示されています。
 

 

1st-party-data_travel_targeting

当社のMailサービスでは、日々40億を超えるEmailがユーザーに届き、その90%は企業からのメールになります。消費者の購入品やサブスクリプションなどの購入レシート(Purchase Receipt)の情報をデータとして活用できます。例えば、過去に航空券を購入した人、日本の航空券を購入した人へリーチが可能です。


 

3rd_party-data_travel_targeting

また、ADARAやVponなどトラベル特化の3rd Party Dataを活用し、様々な角度からターゲットユーザーへアプローチします。その他、主要データベンダーとの接続も完了しております。


 

Audience_Insight

当社の分析ツール"Audience Insight"を活用し、プロモーション実施後に、ユーザーの行動や興味を可視化し、その後のアクションにつなげていきます。


 

 


Boundlessでは、ディスプレイ、ネイティブ、DOOH、CTVなど様々な広告フォーマットに対応したDSP配信や自社のメディアブランドを活用した記事広告やクリエイティブコンテンツなど多岐に渡るソリューションを提供しています。国内広告配信〜海外広告配信まで、広告主様の課題やニーズにあったベストソリューションをご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

 

 

 

詳しくはこちら

Learn more

More insights

Advertisers

2021年のホリデーショッピングに関する意識調査

米国の消費者を対象に実施した年末商戦に関する意識調査の結果をまとめました。

Advertisers

CTVとモバイルを組み合わせたインタラクティブな広告体験

ますます普及が進むCTV。大画面の広告表現をさらに効果的に、そしてオーディエンスと1対1のエンゲージメントを促進する方法をご紹介いたします。

Advertisers

ブランデッドコンテンツの力

SNSや記事など、コンテンツの数や種類は日々増加し、益々競争が激化しています。さまざまなノイズを切り抜け、消費者の注目を得て、意味のあるつながりを築くためには、どのようなブランドストーリーテリングが重要なのでしょうか。