11.04.2022
国内DSP

国内DOOH配信: 気軽に始められるスターターパッケージのご案内

※Boundless株式会社は、米国に本社を構えるYahoo Inc.の日本法人です。

今後ますますポテンシャルが高まるデジタル屋外広告(DOOH)。この度、弊社ではクリエイティブ制作を含む特別パッケージの提供を開始しました。

街中のビルボード、駅や電車内などの交通機関、店内スクリーンなど、生活動線の様々なシーンに設置されているDOOH。
今や、モバイルの次に接触する機会が多いのではないでしょうか。

屋外広告のデジタルへのシフトは進んでおり、2022年のデジタルサイネージ広告市場規模は707億円と予想され、2025年には1,083億円まで成長するとの調査結果が報告されています。(デジタルサイネージ広告市場調査より引用:株式会社CARTA HOLDINGS、株式会社デジタルインファクト)
 

DOOH広告の主な利点:

  • 複数のDOOHに対して配信を一言管理が可能
    → 小ロットの可能、費用対効果の可視化
  • 広告運用(入札制、各種ターゲティング)が可能
    → データを活用したターゲットリーチ、コストの最適化
  • オムニチャネルプランニングやリーチが可能
    → ディスプレイ広告やモバイル広告と組み合わせてインクリメンタルリーチを獲得
  • インパクトの強いクリエイティブを展開できる
    → 大画面での動画配信など人目を引き印象に残る

デジタル化によって可能性や利点が広がり、今後DSPにおけるDOOH広告の実施は、スタンダードになると考えています。
 

この度、米国を始めとする主要マーケットで実績を豊富に有し、グローバルでDOOH業界最先端を走る当社では、国内配信において、気軽に始められるスターターパッケージの提供を開始しました。

DOOH Plan



DOOH広告を実施してみたいけど、様々な理由で実施の決断までに至っていない広告主様、広告代理店様もいらっしゃるかと思います。
今回のパッケージプランでは、弊社のクリエイティブチームによる制作が含まれておりますので、クリエイティブのご用意がない場合でも、安心してご実施いただけるメニューとなっております。また、広告効果調査を含めたメニューもございますので、是非この機会に、ご検討いただけますと幸いです。

 

広告ソリューションに関するご質問やお問い合わせは、Boundlessの営業担当者<japansales@beboundles.jp>までご連絡ください。

 

過去の記事:
<米国DOOH広告最新トレンド!DOOH広告をはじめる理由とは>は、こちら

詳しくはこちら

資料をダウンロード

お問い合わせ

More insights

日本から海外配信

Privacy Sandboxとの統合:ソリューションの概要と導入に向けた進捗

当社では、継続的にPrivacy Sandboxの検証に取り組んでいます。その詳細や、パブリッシャーによるPrivacy Sandbox導入に関するインサイトを定期的にレポートしていきます。

Press

米Yahoo、CTVにIDソリューションを導入し、チャネル間のギャップを埋め、パフォーマンスを向上

日本から海外配信

米国のテレビを取り巻く環境の変化

近年の動画ストリーミングサービスの成長と競争の激化に伴い、テレビを取り巻く環境が大きく変化しています。テレビ業界の成長エンジンである動画ストリーミングとCTV市場の注目すべきトレンドをまとめました。