09.02.2021
Press

ベライゾンメディア・ジャパン株式会社、「Boundless」に事業ブランド名を変更

注)Verizon Media Japanは、Boundlessに社名変更いたしました。

インターネットメディア事業および広告プラットフォーム事業を展開するベライゾンメディア・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役マネージングディレクター:木原 一博、以下当社)は、これまで日本においてVerizon Mediaとして活動してきましたが、米国時間2021年9月1日より事業ブランド名を「Boundless」に変更しましたことをお知らせいたします。

このたびの事業ブランド名称変更は、世界有数のグローバルプライベートエクイティ投資会社Apollo社による買収に伴うものであり、テクノロジーやメディア企業への投資で長年の実績があるApollo社のポートフォリオの一つとして、さらなるビジネスの可能性を切り拓き、未来のメディア・広告ビジネスの変革に取り組んでまいります。
 

“Boundless”とは、「無限」や「国境を越える」といった意味を含み、進化するテクノロジーとデジタル体験によって無限の可能性を広げ、ビジネス領域や国境を越えたグローバルレベルのソリューションを提供することを表しています。ビジネスで関わる皆さまそれぞれのニーズにあわせて、当社特有のBoundlessなベストソリューションを提案し、グローバル視点の新たなビジネス機会の創出や双方のさらなるビジネス成長を目指してまいります。


■代表取締役マネージングディレクター木原 一博のコメント
当社は、グローバルで展開する多様なメディアブランドの運営やグローバルネットワークを活かした国内外のデジタル広告配信、そして、グローバルで豊富な実績を持つ先進テクノロジーを用いたコンテンツ開発など、型にはまることのないBoundlessなソリューションの提供をより一層強化してまいります。今後も、クライアント各社に寄り添う課題解決のパートナーを目指し、Boundlessチーム一丸となって事業を展開してまいります。

■変更概要
旧事業ブランド名:Verizon Media
新事業ブランド名:Boundless
URL:www.beboundless.jp
※所在地、電話番号、代表者の変更はございません。
なお、日本国外における新事業ブランド名は、Yahooとなります。
当面の間、法人登記上はベライゾンメディア・ジャパン株式会社となります。



【Boundlessについて】
Boundlessは、米国に本社を置くYahooの日本で展開する事業ブランドです。
グローバルで保有するメディアブランドの運営、広告主および媒体社の広告効果を最大化する広告プラットフォームの運営、そして、5G、XR、AIなどの最新テクノロジーを活用した次世代のコンテンツの開発などの事業を展開しています。

日本国内のメディア事業:デジタルガジェットの専門メディア「エンガジェット日本版」、スタートアップ&テクノロジーメディアの「TechCrunch Japan」、ポータルサイト「aol」を運営。
日本国外のメディア事業:アメリカ、ヨーロッパ、アジアを中心とした30以上の国や地域で、ニュース、ファイナンス、スポーツ、ライフスタイル、テクノロジーなど多様なメディアブランドを運営。
広告プラットフォーム事業:DSP、SSPの両プラットフォームを展開。DisplayやNativeのみならず、Connected TV*やデジタル屋外広告(DOOH)*などの多様なチャネルへの広告配信も提供。また、2015年にマイクロソフト社から広告販売事業を譲受した「MSN」面への広告配信を提供。プレミアム面を多数保有し、信頼できる広告配信を展開。(*日本では今後展開予定)

また、インハウスのコンテンツ制作専門チームでは、5G、XR、AIなどの最新テクノロジーを活用し、次世代のストーリーテリング体験や没入型コンテンツを開発し、世界中で展開しています。

Boundlessは、未来のメディアや広告ビジネスの変革に取り組んでいます。

なお、この度のApollo社の買収に伴い、Verizon Media Platformは、Edgecastに名称変更し、日本での展開を拡大していきます。Edgecastに関する詳細は、下記リンクよりご覧ください。
URL: www.edgecast.com