12.20.2022
Press

Boundless株式会社、SDGsをわかりやすく伝える情報番組を YouTubeでスタートし、サステナビリティブランディング支援の広告メニューを強化

「ダイバーシティ」「SDGs」「サステナビリティ」などのキーワードを持った多様性に富んだ人材をマネジメント/キャスティングする株式会社Almost Japanese所属の話題のYouTuber「ピロシキーズ」と一緒に、SDGsをより身近でよりわかりやすく世の中に発信

米国に本社を構えるYahoo Inc.の日本法人で、グローバル広告ソリューション、クリエイティブスタジオ、広告プラットフォームを展開するBoundless株式会社(東京都千代田区、代表取締役マネージングディレクター:木原 一博、以下、当社)は、この度、ダイバーシティをコンセプトにタレント / アスリートのマネジメント事業を展開する株式会社Almost Japanese(本社:東京都渋谷区、以下 Almost Japanese)と連携し、SDGsをわかりやすく伝える情報番組をYouTubeでスタートしました。本取り組みによって、企業のSDGsに関する活動を発信する広告ソリューションを展開し、企業価値やブランド価値向上を支援するとともに、SDGs・サステナビリティへの重要性を世の中に伝えていきます。

SDGs-tube-リリースサムネイル-(3)


ピロシキ―ズがSDGsをテーマに様々な街ロケを行う新番組企画「あの街この街SDGs」
https://youtu.be/r7f661Ide6Q

SDGsってわかりにくい、伝わりにくい

迫り来るSDGsの目標期限である2030年を目前に、SDGs達成への貢献を目指し、環境問題や社会課題への解決に取り組む企業が増えている一方で、コーポレートブランディングにおいて、企業側の取り組みや活動をわかりやすく伝える発信方法に悩みをかかえている企業も多いかと思います。

当社が11月に実施したサステナビリティ(SDGs / ESG)に関する意識調査によると、約66%の人が「今よりももっとSDGsについて理解したい」と回答し、理解を深める必要性を示しています。また、約2人に1人が「企業のSDGs関連の取り組みに関して認知した際に、その企業に対して好意的な影響を受ける」と回答するも、約33%の人が「企業のSDGs活動を認知していない」と回答し、まだまだ企業の活動や社会へ向けたメッセージが世の中に伝わっていない状況を示しています。

国籍、性別、障害などのカテゴリーにとらわれず、多様性を尊重するAlmost Japaneseとの連携

株式会社Almost Japaneseでは、「ダイバーシティ」「SDGs」「サステナビリティ」などのキーワードを持った多様性に富んだ人材をマネジメントおよびキャスティングし、日本と世界の架け橋となる活動に積極的に取り組んでいます。グローバル企業である当社も、同様に、DEI&B(Diversity, Equity, Inclusion & Belonging)を体現し、様々な考え方や視点が想像力を発揮することでイノベーションの創出が実現すると考えており、この度、Almost Japaneseの活動に賛同し、本取り組みの実現に至りました。

国籍、性別、障害などの世の中のカテゴリーにとらわれず、多様性を尊重し、SDGsの課題解決に取り組む当事者として、親和性の高いコンテンツとメッセージをより多くの人に届けます。

企業価値やブランド価値向上を支援する情報発信ソリューション

小原ブラス氏と中庭アレクサンドラ氏によって結成され、関西系外国人コンビとして活躍するトーク力抜群の話題のYouTuber「ピロシキーズ」を始めとするAlmost Japanese所属のYouTuberと一緒に、SDGs・サステナビリティをわかりやすく伝える番組を企画、制作します。

SDGs、サステナビリティ、ダイバーシティなどのテーマにフォーカスした動画企画にて、スポンサードコンテンツやインフォマーシャルなど、表現や情報伝達の幅を広げ、企業価値やブランド価値向上を支援するとともに、SDGs・サステナビリティに対する“気づき”を世の中に伝えていきます。

今回の取り組みについて、バウンドレスクリエイティブスタジオ 部長の井上 朋彦は、次のように述べています。「SDGsやサステナビリティの情報発信に積極的に取り組まれているAlmost JapaneseさんとYouTube企画で協業ができたことを嬉しく思います。今回の番組によって、年代を問わず一般の消費者の方々にSDGsをより身近に感じていただき、ちょっとした“気づき“を生むきっかけになればと考えています。Boundlessは、今後も、SDGsやDE&I、サステナビリティといった社会課題の重要性を伝える様々な情報発信手法やコミュニケーションが生まれる場を企画・提供し、企業価値やブランド価値向上の支援に取り組んでまいります。」

Boundlessは、SDGsに対する世の中の関心を高め、より多くの人々をインスパイアすることを目指し、「テクノロジー」「クリエイティブ」「多様な視点」を活かしたソリューションを通じて、企業のSDGsに関する取り組みや活動を支援します。情報発信手法やコンテンツ企画・制作など、企業の取り組みやニーズに合った最適な統合ソリューションをカスタムメイドでご提案しますので、お気軽にご相談ください。

【株式会社Almost Japaneseについて】

株式会社Almost Japaneseは「ダイバーシティ」「SDGs」「サステナビリティ」などのキーワードを持った多様性に富んだ人材をマネジメント / キャスティングしています。

Almost Japaneseは国籍、性別、障害などの世の中のカテゴライズを減らし「Almost」な社会になっていくことを目指しています。

URL:http://almostjp.com

【Boundless株式会社について】

Boundless株式会社(バウンドレス)は、米国に本社を構えるYahoo Inc.の日本法人です。

Boundlessは、多様化するニーズに応える総合ソリューションを提供し、企業の事業課題解決と価値創造に貢献します。

グローバル広告ソリューション:

日本から海外へ広告配信:アメリカ、ヨーロッパ、アジアを中心とした30以上の国と地域で運営するニュース、ファイナンス、スポーツ、ライフスタイル、テクノロジー等の多様なメディアブランドと、自社のグローバルDSPを活用した海外広告プロモーションを支援。

海外から日本へ広告配信:カリフォルニアと東京の2拠点で活動するバイリンガルチームが、自社のDSPやパートナーメディアを活用したソリューションで、グローバル企業の日本における広告プロモーションを支援。

クリエイティブスタジオ:

国内外の影響力のある連携メディアを活用したタイアップ記事広告をはじめ、オンライン・オフラインイベント企画立案、コンテンツ企画立案・制作、リッチクリエイティブ制作、広告配信・運用、効果分析まで、企業の課題やニーズに合った統合マーケティングプランをワンストップで提供。また、企業が取り組むサステナビリティに向けた活動における世の中の関心を高め、より多くの人々をインスパイアする情報発信手法やコンテンツ企画・制作などを提供。「テクノロジー」「クリエイティブ」「多様な視点」を活かした統合ソリューションで、次の世代へ繋ぐ社会づくりを支援。

広告プラットフォーム:

DSP:ディスプレイやネイティブのみならず、コネクテッドTV(CTV)やデジタル屋外広告(DOOH)など多様なチャネルを使った広告主様向けソリューションを提供。また、2015年にマイクロソフト社から広告販売事業を譲受した「MSN」面への広告配信も提供しており、プレミアム面を多数保有する信頼できる広告配信ソリューションを展開。

SSP:当社が長きに渡ってリードしてきた広告収益の最大化と広告配信の最適化を実現するテクノロジーを提供し、媒体社様向けに効率的な収益拡大ソリューションを展開。外部パートナーメディアと多数接続し、広告配信枠を拡大するとともに、海外および国内大手DSPとも多数接続し、広告収益の最大化を支援。

URL: https://www.beboundless.jp/