12.22.2021
Press

Boundless株式会社、没入型体験に関する調査レポートを発表

日本の仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、複合現実(MR)の利用者を対象に意識調査を実施 日本での関心、期待の高さが明らかに

 

インターネットメディア事業および広告プラットフォーム事業を展開するBoundless株式会社(東京都千代田区、代表取締役マネージングディレクター:木原 一博)は、本日、日本の消費者を対象に実施した没入型体験に関する意識調査の結果と考察を発表しました。

Boston Consulting Groupによると、2024年までにVR、AR、MRの世界市場が2,969億米ドルに達すると予測されており、今後5年間で広告主にとって最も期待されるテクノロジーの一つになることが見込まれています。この調査を通じて、没入型体験に対する消費者の意識、関心、期待を深く理解することで、ブランドと消費者の繋がりをより一層深めるマーケティング活動やコンテンツ開発が促進されることを期待しています。


▼レポート項目:
・没入型体験ユーザープロファイル
・没入型体験動機と機会
・エンターテインメント関連における没入型体験の今後の展開
・ショッピング関連における没入型体験の今後の展開
・没入型体験がブランドに与える影響
・優れた没入型体験のベストプラクティス


▼TOPICS:
1. 日本では、約50%の消費者が、没入型体験に関心を示している。一方、グローバルでは、60%近くの消費者が没入型体験に高い関心を示している。

Immersive_usage

 


2. ショッピングにおいて、消費者は、購入ファネルの「発見」と「リサーチ」の段階で没入型体験の利用を期待している。

immersive_funnel


3. 優れた没入型体験は、楽しさ、インスピレーション、知識、インタラクションのモチベーションとなる要素とリアル、操作が簡単、明確さの基本要素を組み合わせて提供することが重要である。

immersive_bestpractice


本調査について、Boundless株式会社 デマンドセールス兼Creative Studios部長の井上 朋彦は、次のように述べています。
「当社では、インハウスのコンテンツスタジオチーム『Creative Studios(旧RYOT)』をグローバルに構え、AR、VRはもちろん、5G技術を活用したプレミアムなコンテンツの制作を手掛けています。近年の急速なデジタル化が後押しとなり、またメタバースビジネスの加速とともに、没入型体験やイマーシブコンテンツは、今後広く普及し、ブランドと消費者との繋がりをより一層深める重要な役割を果たすものになると考えています。没入型体験を軸としたマーケティングコンテンツはもちろんのこと、社会に貢献できる没入型ソリューションの提供にも取り組んでいきたいと考えています。」


​没入型体験に関する調査(Immersive Experience Survey Report)について
調査期間:2021年3月
調査対象:日本の消費者13〜65歳男女合計1,000人の回答者、没入型体験利用者
調査方法:オンライン調査
調査レポートの詳細は、以下よりダウンロードいただけます。
https://pages.beboundless.jp/immersive-report-e-book-2021.html

Immersive_kv

 



【Boundless株式会社について】
Boundless株式会社(バウンドレス)は、米国に本社を構えるYahoo Inc.の日本法人です。(旧ベライゾンメディア・ジャパン株式会社)
グローバルで保有するメディアブランドの運営、広告主および媒体社の広告効果を最大化する広告プラットフォームの運営、そして、5G、XR、AIなどの最新テクノロジーを活用した次世代のコンテンツの開発などの事業を展開しています。
日本国内のメディア事業:デジタルガジェットの専門メディア「エンガジェット日本版」、スタートアップ&テクノロジーメディアの「TechCrunch Japan」、エンタメ情報サイト「aol.jp」を運営。
日本国外のメディア事業:アメリカ、ヨーロッパ、アジアを中心とした30以上の国や地域で、ニュース、ファイナンス、スポーツ、ライフスタイル、テクノロジーなど多様なメディアブランドを運営。
広告プラットフォーム事業:DSP、SSPの両プラットフォームを展開。DisplayやNativeのみならず、Connected TV*やデジタル屋外広告(DOOH)*などの多様なチャネルへの広告配信も提供。また、2015年にマイクロソフト社から広告販売事業を譲受した「MSN」面への広告配信を提供。プレミアム面を多数保有し、信頼できる広告配信を展開。(*日本では今後展開予定)
また、インハウスのコンテンツ制作専門チームでは、5G、XR、AIなどの最新テクノロジーを活用し、次世代のストーリーテリング体験や没入型コンテンツを開発し、世界中で展開。
Boundlessは、未来のメディアや広告ビジネスの変革に取り組んでいます。
URL: https://www.beboundless.jp/